FC2ブログ

Latest Entries

【安倍首相:参院選で勝って初めて日本を正しい方向に導ける】アベch.ニュース2013/6/4


人気ブログランキングへ

【安倍首相:参院選で勝って初めて日本を正しい方向に導ける】アベch.ニュース2013/6/4

【ヘッドライン】
・首相が参院選に向け決意表明、「日本を正しい方向に導ける」
ロイター『安倍晋三首相は4日午後、自民党全国幹事長会議であいさつし、デフレから脱却し強い経済を取り戻すために、「三本の矢」を同時に射込む異次元の経済政策を進めた結果、経済は着実に良い方向に向かいつつあると自信を示した。

その上で、参院選で勝って初めて日本を正しい方向に導けると述べ、参院選の勝利に向けて決意を語った。

経済状況について首相は、民主党政権時代の景気底割れ懸念から一転プラス成長にまで戻し、足元で生産、消費、雇用ともに改善したことなどを挙げ、「経済は着実に良い方向に向かいつつある」と指摘。政権発足後の経済運営に自信を示した。

その上で「自民党はこの道しかない。この道を通らなければ、経済を成長させ、強い日本を取り戻すことはできないと確信している」と語った。』

・「第4の矢」財政健全化はとんでもない「矢」だ! 
zakzak『経済財政諮問会議で、アベノミクスの第3の矢である成長戦略に続く「第4の矢」に関する議論が出た。甘利明経済財政・再生相が、財政健全化を「第4の矢」と位置づけたのだ。結論をいえば、とんでもない「矢」だ。

 財政健全化の裏にはもちろん財務省がいる。以前の本コラムで紹介したように、財政制度等審議会の報告書の原案については各メディアが報じた。いわゆる財務省によるリークである。

 財政健全化には、その達成手法を大別すると、(1)経済成長(2)歳出カット(3)増税の3つがあるが、財務省のいう財政健全化は、はっきりいえば(3)の増税である。』

『それにしても、財政健全化をわざわざ第4の矢として掲げるのはおかしい。財政健全化は、第1の矢である金融政策から導かれるのだ。この意味で不要な「矢」である。また、財務省のもくろむ「増税」なら、経済成長と矛盾するものとして排除されなければいけない。』

・「法人税が減り、個人の税負担が増加」がよくわかるグラフ:米国
HP『上のグラフでベージュ色で示されている部分は、米国の歳入全体に占める法人税の割合だ。徐々に小さくなっていることがわかるだろう。一方、このベージュ色を飲み込む勢いで拡大しているのはオリーブグリーン色に塗られた部分だ。これは、歳入全体に占める給与税(payroll taxes:給与を計算基礎にした連邦税で,社会保障のために用いられる)の割合だ。

このグラフからは、過去数十年間で法人税の率が大幅に減り、それを補うために個人の税金負担が増えていることが見て取れる。』


●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

«  | ホーム |  »

2013-06

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR