FC2ブログ

Latest Entries

【増税決断で脱デフレ「幻想」に】アベch.ニュース2013/7/31


人気ブログランキングへ

【増税決断で脱デフレ「幻想」に】アベch.ニュース2013/7/31

【ヘッドライン】
・【クレジット市場】安倍増税決断で脱デフレ「幻想」に、国債収益改善へ
ブルームバーグ『三菱UFJ投信の石金淳シニアストラテジストは、「市場は、デフレへ逆戻りのサインを発している。脱却するという幻想を抱いていた」と指摘。「景気がよほど盛り上がって、賃金が上がるなら別だが、今はそうなりそうにもない。賃金が上がらない中で、消費税を上げると言っているので、余計に消費を抑えてしまう」と語った。
厚生労働省発表の毎月勤労統計 によると、所定内給与の賃金指数は、1998年にピークをつけた後、5月末までに8.4%低下した。』
『安倍首相の経済顧問を務める浜田宏一内閣官房参与は19日、消費増税に慎重な姿勢を示し、前回1997年の橋本龍太郎内閣の時と比較し「6倍ぐらいのショックがある」と述べた。
橋本首相(当時)は財政赤字の削減を目指して、97年4月に消費税を3%から5%に引き上げたが、その後は景気が落ち込み、実質GDP は2年連続でマイナス成長となった。一方、GDP対比の公的債務残高は97年当時の106%から、13年には245%へと上昇している。』

・続 消費税を増税する理由は何もない
三橋貴明ブログ『 日本の現在の税収弾性値は、3~4です。名目GDPが1%成長すると、税収は3%~4%増えるのです。

 固めに見積もって、税収弾性値を3と設定し、名目GDP3%成長を達成したと仮定すると、税収は13年度に約3兆9500億円増、14年度は対13年度比で4兆3100億円増となります。すると、税収は14年度に52兆1900億円となるわけです。

 消費税増税を前提とした「経済財政の中長期試算」によれば、14年度の税収必要額は51兆5000億円。というわけで、このまま普通に景気対策をやっていき、13年度、14年度と名目GDP3%成長を達成するだけで、財政再建が達成されてしまうことになります。』






●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/106-7da0b694

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR