FC2ブログ

Latest Entries

【トヨタ純利益、4~6月94%増】アベch.ニュース2013/8/2


人気ブログランキングへ

【トヨタ純利益、4~6月94%増】アベch.ニュース2013/8/2

【ヘッドライン】
・トヨタ純利益、4~6月94%増 通期は1兆4800億円
日経『 トヨタ自動車が2日発表した2013年4~6月期の連結決算(米国会計基準)は純利益が前年同期比94%増の5621億円だった。為替の円安による輸出採算の改善が寄与したほか、コスト削減の取り組みも奏功した。

 売上高は14%増の6兆2553億円、営業利益は88%増の6633億円だった。

 14年3月期通期の連結業績は従来予想を上方修正した。売上高は前期比9%増の24兆円、営業利益は47%増の1兆9400億円、純利益は54%増の1兆4800億円を見込む。〔日経QUICKニュース(NQN)〕』

・実質1%成長、政府見通し発表 「楽観的すぎ」の声
日経『政府は2日、2014年度の経済成長率を物価変動を除いた実質で1.0%、生活実感に近い名目で3.1%とする見通しを公表した。試算は来年4月に消費税率を予定通り5%から8%に引き上げることが前提。民間見通しの0.6%前後と比べて強気で、市場関係者からは「楽観的すぎる」との指摘も出ている。

 13年度の実質成長率は、1月時点の2.5%から0.3ポイント高い2.8%に引き上げた。安倍政権の経済政策「アベノミクス」で広がってきた景気持ち直しの効果を織り込んだため。政府は14年度も引き続き「雇用や所得の改善が、消費の押し上げにつながっていく」(内閣府)とみている。

 対して民間エコノミストの多くは、14年度の実質成長率は1%を下回るとみている。日本経済研究センターが前月まとめたESPフォーキャスト調査でも、民間エコノミストの14年度の実質成長率の予測値は平均で0.57%にとどまった。マイナス成長に転じると予想する民間エコノミストも、41人中4人いた。

 みずほ総合研究所の山本康雄シニアエコノミストは「補正予算を組まない前提で1.0%成長というのは楽観的すぎる」と話す。同社の見通しでは2兆円規模の補正予算を前提としても、0.6%増にとどまる。』

・【TPP】秘密主義に不満噴出-自民党会合
JA『自民党は8月2日、外交・経済連携本部、TPP対策委員会合同会議を開き、日本が正式参加したTPP交渉マレーシア会合の概要説明を受け今後の対応などを議論した。
 このなかで次回から交渉が本格化する市場アクセスについて、西川公也TPP対策委員長は「オファー(条件の提示)は、自由化率をどの程度にするかを提示すべきと政府に申し入れた」と明らかにした。対策委の幹部クラスで「これが分かりやすい」と意思統一をしたという。
 しかし、会合では過去に例のない守秘義務のもとでの政府の情報提供が課題となり「守秘義務が課せられていることを前提に議論し批准を判断しなければならないのは極めて難しい」などの指摘が出た。』

(動画)TPP交渉 日 待ち受ける壁

・7月米雇用統計:非農業部門雇用者16.2万人増-失業率7.4%
ブルームバーグ『 8月2日(ブルームバーグ):米労働省が2日に発表した7月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比16万2000人増加した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央値は18万5000人増だった。家計調査に基づく失業率は7.4%に低下した。』


●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/108-50f9ccb4

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR