FC2ブログ

Latest Entries

【消費増税「予定通り」「毎年1%」など多様な主張】アベch.ニュース2013/8/26


人気ブログランキングへ

【消費増税「予定通り」「毎年1%」など多様な主張】アベch.ニュース2013/8/26

【ヘッドライン】
・消費増税「予定通り」「毎年1%」など多様な主張、政府の点検会合
ロイター『[東京 26日 ロイター] - 政府は26日夕、消費増税の是非を判断するため、日本経済や財政への影響などを有識者から聞く「点検会合」をスタートした。

初日の会合では、米倉弘昌日本経団連会長や増田寛也前岩手県知事が、予定通り来年4月から消費税率を3%引き上げるべきとする一方、岩田一政日本経済研究センター理事長は毎年1%の増税がデフレ脱却に有効と主張したもようだ。』

・米経済の成長を阻む賃金の頭打ち
WSJ『米経済が回復基調に入って4年目を迎えたが、米国人の給料の伸びは依然としてインフレ率にさえ追いついていない。米労働省のデータによると、民間企業の非管理職の平均時給(インフレ調整済み)は先月、リセッション(景気後退)終了時期の2009年6月の8.85ドルから、8.77ドルに下がった。

 賃金上昇の頭打ちは消費者の購買力をむしばんだ。これは米国の経済成長の大部分に寄与する冷蔵庫からレストランでの食事に至るまでの財やサービスの購入が以前よりも厳しくなっていることを意味する。』
『 さらに、グローバリゼーションが賃金に下押し圧力をかけ続けている。新しいテクノロジーを背景に、ますます多くの米国人が世界中の労働者と競争している。ハーバード大学のエコノミスト、リチャード・フリーマン氏は「特に中国をはじめとする発展途上国すべてが賃金水準をこちらに近づけているなか、私たちは長期的な調整局面にいる」と話す。ボストン・カウンセリング・グループによると、機械や家具、プラスチックといった製品の米国と中国の生産コストの差は15年までにわずか10%程度になるという。』
『確かに、一部のセクターでは賃金が上昇した。教育と保健医療分野ではインフレ調整済みで09年6月以降、0.9%賃金が上昇した。しかし、多くのセクターでは賃金の上昇に対する見通しは険しいままだ。レストランの従業員の平均賃金はリセッション終了後2.7%下落した。製造業では3.1%の下落だ。』
『 長期的な見通しも芳しくない。19日に発表された研究の中で、コーネル大学のエコノミスト、リチャード・バークハウザー氏は高齢化といった人口統計学上の傾向が「向こう20年間の収入の中央値を引き下げる」だろうと指摘する(「収入」には賃金に加え、株式投資での収益なども含まれる)。このため、同氏によると、収入の中央値は30年までの毎年、約0.5%低下するだろうという。これは、過去10年間ですでにさえない水準になっている1.5%から2%の伸びを大幅に下回る。』


●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/120-e0b8b6b0

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR