FC2ブログ

Latest Entries

【消費増税点検会合 増税容認論が大勢】アベch.ニュース2013/8/28


人気ブログランキングへ

【消費増税点検会合 増税容認論が大勢】アベch.ニュース2013/8/28

【ヘッドライン】
・消費増税点検会合、3日目は増税容認論が大勢 小刻み増税に否定的見解
ロイター『[東京 28日 ロイター] - 政府は28日、首相官邸で消費増税を議論する有識者の集中点検会合を開催した。2回に分けて行われた3日目の議論のテーマは「国民生活・社会保障」と「産業」。出席者の間では予定通りの増税容認論が大勢を占めたが、中小企業や低所得者などへの対策充実を求める声が多数上がった。

<小刻み増税、「事務量が莫大」>

甘利明経済財政相によると、「生活」会合で予定通り来年4月に3%の引き上げを行うことに賛成したのは出席した8人中7人。「産業」では9人中8人だった。「生活」では、増税分の税収で医療や社会保障の一段の充実を図るべきとの主張が多く、「産業」では成長を維持するためだとして「状況は厳しいが引き上げざるを得ないとの意見が多かった」(甘利担当相)という。』

『<浜田内閣官房参与の発言、「よくわからない」>

また、甘利経済財政相は、消費増税の1年延期を主張している浜田宏一内閣官房参与がこの日のテレビ番組で、1年後には景気が上向いてなくても引き上げるべきと発言したことについて「(浜田氏はこれまで)経済環境がそこにいってないから反対とおっしゃってた。1年たって(そこに)行ってなかったらそれはそれでやるんだというのは、どういう意味なのかよくわからない」と述べた。』

・TPP交渉、3か国が日本に関税全廃を提案
読売『ブルネイで開かれている環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の関税撤廃に関する2国間協議で、シンガポール、ペルー、チリの3か国がそれぞれ日本に対し、TPPの原則通りに自国への輸入品にかかる関税をすべて撤廃すると提案したことが分かった。


 交渉筋が26日、明らかにした。

 3か国の狙いは、日本に極めて高い水準の貿易自由化を求めることにある。日本は、重要5項目と位置づけたコメなどの関税を維持したい考えだが、関税をめぐる交渉の厳しさが改めて浮き彫りになった。

 日本は26日までに、7か国と関税の自由化提案をやりとりした。国ごとに内容は異なるが、日本は、関税を撤廃しても良いとする品目の比率を示す「自由化率」について、80%台を提示した模様だ。

(2013年8月27日08時56分 読売新聞)』

・TPP 「砂糖を保護」で日米一致
NHK『TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉会合に合わせてブルネイを訪れている自民党のTPP対策委員会の西川公也委員長らは全米砂糖連盟の幹部と会談し、両国の砂糖産業を守るため、それぞれの保護政策を維持していくべきだという認識で一致しました。

自民党のTPP対策委員会の西川公也委員長らはTPPの交渉会合が行われているブルネイで、アメリカの精糖業者などで作る全米砂糖連盟のドン・フィリップス貿易顧問と会談しました。
この中でフィリップス顧問は、今後のTPP交渉で砂糖産業の保護政策の取り扱いが議論されることを踏まえ、「アメリカは砂糖の大消費国であり、みずからの国の砂糖産業を守り抜きたい。そのため議会などに働きかけを強めていく」と述べました。
これに対し、西川委員長は「自民党は、コメや麦、砂糖の原料となる作物など農産物5項目を関税撤廃の例外とする決議をまとめた。アメリカと共同歩調を取っていきたい」と述べ、両国の砂糖産業を守るため、それぞれの保護政策を維持していくべきだという認識で一致しました。』

●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/122-7b95c9e5

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR