FC2ブログ

Latest Entries

【「来春8%」に賛成は7割】アベch.ニュース2013/9/1


人気ブログランキングへ

【「来春8%」に賛成は7割】アベch.ニュース2013/9/1

【ヘッドライン】
・「来春8%」に賛成は7割、消費税ヒアリングが終了-朝日
ブルームバーグ『 9月1日(ブルームバーグ):1日付の朝日新聞は、消費増税に関する政府の集中点検会合が終了したのを受け、参加者60人に取材したところ、7割を超える43人が来春の増税に賛成していると報じた。一方、反対や慎重な意見は14人だったという。3人は賛否を明らかにしなかった。』

消費増税、有識者の賛否一覧表 -日経

・「防災の日」総合防災訓練 初めて南海トラフ想定
日経『「防災の日」の1日、政府は官邸で総合防災訓練を実施した。マグニチュード(M)9.1、最大震度7で、最悪の場合に死者32万人が想定される南海トラフ巨大地震を初めて想定。6月に改正した災害対策基本法に基づき、安倍晋三首相が災害緊急事態を布告し、国民に冷静な行動を呼びかけた。

 1万8千人超の死者・行方不明者を出した東日本大震災からまもなく2年半。政府は官民を挙げて減災・防災対策に取り組めば、南海トラフ地震死者数は5分の1に、220兆円に上る恐れのある経済被害も半減できるとしている。』

・中国8月の製造業景況感、1年4カ月ぶり高水準
日経『中国国家統計局と中国物流購入連合会が1日発表した8月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は前月比0.7ポイント上昇の51.0と、2カ月連続で改善した。景気判断の節目となる50を11カ月連続で上回り、1年4カ月ぶりの高水準となった。中国政府が鉄道建設などインフラ整備を重視する方針を打ち出し、大企業を中心に景況感が上向いた。

 PMIは全国の製造業3千社へのアンケート調査をもとに算出。受注や生産などについて50を上回れば拡大、下回れば縮小を示す。企業規模別にみると、大企業は前月を1.0ポイント上回る51.8と、景況感の改善が目立つ。一方、中堅企業は前月から横ばいの49.6、中小企業は0.2ポイント悪化の49.2にとどまった。

 鉄道整備の促進などインフラ投資の加速で景気が下支えされるとの期待から、全体の新規受注指数は52.4と前月比1.8ポイント改善。国有企業など規模の大きい企業を中心に受注環境が持ち直しつつある。輸出に限った新規受注も50.2と、節目の50を上回った。』

・シリア軍事介入の判断は9日以降か、米大統領「議会の承認求める」
ロイター『[ワシントン 31日 ロイター] - オバマ米大統領は31日、シリアの化学兵器使用疑惑を受けた同国への軍事介入について、米議会の承認を求める考えを明らかにした。

オバマ大統領はホワイトハウスで声明を発表し、米国がシリアに軍事介入すべきだと決断したと表明。その上で「われわれが1つの国家として行動する準備ができているというメッセージを国際社会に送るよう、議会に求める」と述べた。

米議会は現在休会中で9月9日に再開する予定。軍事介入をめぐる議会の判断が出るのは、それ以降となる見通し。』


●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/125-7e0ee854

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR