FC2ブログ

Latest Entries

【消費税:デフレ脱却を最優先に判断】アベch.ニュース2013/9/9


人気ブログランキングへ

【消費税:デフレ脱却を最優先に判断】アベch.ニュース2013/9/9

【ヘッドライン】
・官房長官、消費増税「ありとあらゆる条件の中で首相が判断」
日経『菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、2014年4月に予定される消費税率引き上げに関して「同日発表された(4~6月期の)国内総生産(GDP)改定値、10月1日に発表される日銀の全国企業短期経済観測調査(短観)を含めて、ありとあらゆる条件の中で安倍晋三首相が判断する」と述べ、従来の政府方針を改めて示した。

 併せて「ようやく15年ぶりにデフレ脱却ができるところまでこぎ着けている。それを最優先にすると同時に、財政再建もやり遂げるという観点から首相が判断するだろう」と重ねて強調した。』

★★★
政府が改めて「デフレ脱却を最優先に」と発言しました。
安倍首相が正しい判断をして頂けるよう願うばかりです。
★★★


・実質GDP、年率3.8%増に上方修正 4~6月期
日経『内閣府が9日発表した2013年4~6月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.9%増、年率換算で3.8%増となった。8月公表の速報値(0.6%増、年率2.6%増)から大きく上方修正した。設備投資や公共投資の改定値が速報値を上回ったため。設備投資は1.3%増と、2011年10~12月期以来6四半期ぶりにプラスに転じた。

 1~3月期に続き、2期連続で3%台半ばを超える高成長となったことは、消費増税の判断にもプラスに働きそうだ。甘利明経済財政・再生相は9日の会見で、増税判断に向けて「好材料が1つ追加された」と述べた。菅義偉官房長官も「予想より良かった」と述べた。』

・8月の倒産件数、15.3%減 23年ぶり低水準
日経『東京商工リサーチが9日に発表した8月の倒産件数は前年同月比15.3%減の819件だった。前年同月を下回るのは10カ月連続で、8月としてはバブル期の1990年(514件)以来、23年ぶりの低水準となった。景気が回復傾向にあることや、金融機関の中小企業向け貸し出しが伸びていることが背景にある。

 負債総額は23.2%減の1662億5900万円だった。負債10億円以上の大型倒産が今年最少の22件にとどまったことが影響した。

 業種別では、消費税の増税を控えた住宅の駆け込み需要の影響で、建設業の倒産件数が36.5%減少したほか、製造業も今年最少だった。』

・TPP、韓国も参加検討 日本の交渉入り転機か
朝日『【ソウル=中野晃】韓国政府が環太平洋経済連携協定(TPP)への参加を積極的に検討し始めた。韓国政府高官が明らかにした。韓国は2国間のFTA(自由貿易協定)を重視する通商政策を掲げているが、日本のTPP交渉への正式参加が転機になった模様だ。

 別の関係者によれば、米国からTPPへの交渉参加を求められたといい、「TPPを『対中包囲網』と警戒していた中国も、前向きな立場に変わってきているようだ」と語った。

 貿易立国の韓国は、米国や欧州連合(EU)などとFTAを結び、昨年5月からは中国とも交渉を始めた。TPPは「参加の利点が明確でない」としていたが、日本が7月に交渉に参加したことで、関係者から「韓国が抜けたままで妥結すれば、FTAで先行した効果が薄れる」と懸念する声が高まっていた。』

★★★
韓国がTPP交渉に参加すれば、交渉が混乱する事は必至です。
TPP反対派としては是非韓国に参加していただき、引っ掻き回して欲しいですね。
★★★


●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/131-0cf66254

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR