FC2ブログ

Latest Entries

【米 金融緩和縮小せず】アベch.ニュース2013/9/19


人気ブログランキングへ

【米 金融緩和縮小せず】アベch.ニュース2013/9/19

【ヘッドライン】
・金融緩和策の現状維持に方針転換した
WSJ『米経済が予想よりも一段とまだら模様の様相を呈し、財政協議が難航する可能性があるとみた米連邦準備制度理事会(FRB)は足がすくみ、18日は差し当たり金融緩和政策を続けることに決めた。

 FRB高官らは何カ月もかけて、9月の政策会合で毎月850億ドルずつ行っている債券買い入れ措置の縮小に着手するかもしれないと警告を発してきた。今回の政策行動は、最近市場の動揺につながっている政策担当者らの著しい方針転換の …』

・自工会会長、消費税10%なら「国内販売93万台減も」
日経『日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は19日の定例記者会見で、自動車取得税を廃止せず消費税が10%に引き上げられれば「自動車の国内販売は落ち込み日本経済に悪影響が生じる」と述べた。この場合、年間国内新車販売は自工会の想定より93万台下振れし350万台規模にとどまるとの見方を示し、政府に税制見直しを求めた。

 15年にも廃止される自動車取得税の代替財源として軽自動車の増税論が浮上したことについては「軽自動車、二輪車、登録車の垣根なく不公平をなくすことをお願いする」と話した。自工会は消費税を8%にする時点で自動車取得税を3%引き下げ、10%引き上げ時点で「自動車取得税を確実に廃止する」などの税制改正を求めている。』

・財政論議が米経済にとってのリスク=FRB議長
WSJ『【ワシントン】米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は18日、政府機能が閉鎖したり、債務上限の引き上げができなかったりすると、米経済に「極めて深刻な結果」をもたらす恐れがあると警告を発し、米政府と議会に対して財政協議をまとめるよう促した。

 FRB議長は記者会見で「こうした衝撃、特に債務上限の衝撃を吸収するわれわれの力はとても限定的だ。政府の資金が確実にまかなわれ、公共サービスが提供され、政 …』


●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/140-7e7adb84

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR