FC2ブログ

Latest Entries

【広島:南海トラフ地震死者 国想定の18倍】アベch.ニュース2013/9/22


人気ブログランキングへ

【広島:南海トラフ地震死者 国想定の18倍】アベch.ニュース2013/9/22

【ヘッドライン】
・南海トラフ地震死者、広島県が独自試算 国想定の18倍
朝日『 広島県は20日、南海トラフ巨大地震に備えた県独自の被害想定を発表した。冬の深夜に地震が発生した最悪ケースでは、津波による浸水面積が国の想定の約11倍にあたる1万2474ヘクタールに拡大。死者も約18倍の1万4759人に達した。

南海トラフ地震の被害想定
 国の試算で使われた地形データより詳しいものを活用した県によると、防潮堤などの護岸施設が国の想定より壊れやすいとの結果が出た。このため、津波による浸水面積が国の想定より大幅に拡大。広島市への津波到達時間は地震発生から数時間かかるとみられているが、深夜のケースでは多くの人が逃げ遅れるとみて、死者数の9割を超える約1万3828人が津波の犠牲になると推計した。

 建物の全壊数も3倍近い6万9561棟に上り、液状化による被害が半数を超えるという。地震発生から1日後の避難者数は6倍近い約59万人に達し、道路や港湾施設などの直接経済被害は8兆9千億円を超えるとみている。

 南海トラフ巨大地震の被害をめぐっては、岡山県や香川県も独自に想定。岡山県は国の想定の2・6倍にあたる約3千人、香川は1・8倍の約6200人の死者が出るとしている。』

★★★
巨大地震の対策は地方だけでは不可能です。
国土強靭化、待ったなしです。
★★★


・消費増税のリスク、判断する私が結果にも責任持つ=安倍首相
ロイター『[東京 22日 ロイター] - 安倍晋三首相はテレビ朝日とのインタビューで、消費増税が経済におよぼすリスクに関して、10月上旬に判断する自身の責任だとして、結果にも責任を持たなければならないと語った。

また、消費税率を8%に引き上げた後の10%への引き上げについては、世界経済のリスクが顕在化するかどうかも重要なポイントだとし、その後の推移を見ながら判断していく考えを示した。

インタビューは17日に行われ、22日に放映された。

安倍首相は消費増税に関して、デフレから脱却し、経済成長ができるチャンスを手放したくないという観点から判断したいとし、消費税を引き上げても景気の回復基調を腰折れさせないよう、経済対策のパッケージをとりまとめるよう麻生太郎財務相や甘利明経済再生担当相に指示したと述べた。消費増税が経済に与えるリスクに関しては「10月上旬に判断する私の責任だ。結果にも責任を持たないといけない」と語った。』

・TPP、年内妥結見通せず…首席交渉官会合閉幕
読売『【ワシントン=池松洋】環太平洋経済連携協定(TPP)の首席交渉官会合が21日閉幕した。

 4日間の協議では、焦点となっていた「知的財産」や国有企業と民間企業の対等な競争条件の整備などを議論する「競争」は協議が難航し、年内妥結が実現するかどうか見通しにくい情勢だ。10月上旬にインドネシア・バリ島で開かれる閣僚・首脳会合での調整が焦点となる。

 米通商代表部(USTR)が21日発表した声明によると、今回の会合では通関手続きの簡素化などの「貿易円滑化」、参加国の通信会社が守るべきルールを定める「電気通信サービス」など6分野が合意に近づいた。「電子商取引」を促すためのルール作りでも進展があった。

 しかし、関税自由化や政府調達の協議について、USTRは具体的な進展に言及しなかった。』

●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/141-b622236a

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR