FC2ブログ

Latest Entries

【メルケル首相続投へ】アベch.ニュース2013/9/23


人気ブログランキングへ

【メルケル首相続投へ】アベch.ニュース2013/9/23

【ヘッドライン】
・メルケル首相続投へ 独総選挙、大連立も浮上
日経『【ベルリン=加藤貴行】ドイツ連邦議会(下院)選挙は22日に実施された。保守系与党のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が票を大幅に伸ばし、第1党の座を守った。これによってメルケル首相(59)の3選は確実な情勢となった。ただCDU陣営だけで議席の過半数を得られるかは不透明で、最大野党・社会民主党(SPD)との大連立交渉に入るとの見方も浮上している。

ドイツ連邦議会選挙に勝利し、支持者に応えるメルケル首相(22日、ベルリン)=AP
 独公共放送ARDが23日未明(日本時間23日早朝)発表した開票予測によると、CDU陣営の得票率は41.7%と前回09年の選挙から7.9ポイント上積みした。

 同陣営としてはコール政権以来ほぼ20年ぶりに得票率を4割台に乗せる大勝利。メルケル首相は22日夜、支持者を前に「次の(任期)4年間、ドイツを成功に導くためあらゆることをしていく」と勝利宣言した。』

・メルケル独首相が3選 過半数届かず大連立協議へ
日経『 【ベルリン=赤川省吾】22日に実施されたドイツの連邦議会(下院)選挙で保守系与党のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が大差で第1党となり、メルケル首相の3選が固まった。ただ与党陣営だけで単独過半数には達せず、首相は最大野党の社会民主党(SPD)と大連立政権の樹立に向けた協議に臨むとみられる。欧州の金融市場は協議の行方に注目しているが、大連立のもとで債務危機対策が円滑に進むとの期待もある。

 選挙管理委員長が23日早朝に公表した暫定集計によると、CDU陣営は得票率を41.5%と2009年の前回選挙より7.7ポイント上乗せした。底堅い景気と首相の個人的な人気に支えられて大勝した。

 ただ、議席数は311と過半数に達せず、メルケル首相は連立相手を探す必要に迫られる。CDU院内会派のカウダー代表は23日、「強い政権をつくらなければいけない」と語った。』

・安倍首相:「日本の存在感しっかりとアピール」羽田出発
毎日『安倍晋三首相は23日、カナダと米ニューヨークを訪問するため政府専用機で羽田空港を出発した。ニューヨークでは26日に国連総会で一般討論演説を行い、シリア国内外の難民や避難民への6000万ドル規模の追加人道支援策などを表明する。カナダでは24日にハーパー首相と会談し、自衛隊とカナダ軍が燃料などを融通し合う物品役務相互提供協定(ACSA)で合意する見通しだ。カナダ産シェールガスの日本への輸出についても協議する。

 出発に先立ち、首相は同空港で「国連総会の演説を通じて日本の存在感をしっかりとアピールしたい」と記者団に語った。【古本陽荘】』

・TPP、年内妥結に暗雲 「ルールづくり」の交渉遅れる
朝日『【藤田知也=ワシントン、池尻和生】環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、全分野の半数以上の決着が10月の首脳会議後にずれ込む見通しになった。もともと難航が予想されていた関税交渉だけでなく、様々な分野で遅れが目立つ。最終ゴールの「年内妥結」まで、厳しい道のりが続きそうだ。

■大筋合意に固執

 全体の半数以上の交渉分野が決着しない状態で、「大筋合意」と言い張るには無理がある。それでも参加国の首席交渉官は21日まで開いた米ワシントンでの会合で、10月に開く首脳会議で「大筋合意」をめざす既定路線を変えなかった。』


●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/142-0ed3cd82

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR