FC2ブログ

Latest Entries

【消費者物価0.8%上昇、コアコアCPIは-0.1%】アベch.ニュース2013/9/27


人気ブログランキングへ

【消費者物価0.8%上昇、コアコアCPIは-0.1%】アベch.ニュース2013/9/27

【ヘッドライン】
・消費者物価0.8%上昇 8月、娯楽耐久財もプラス
日経『 総務省が27日発表した8月の全国消費者物価指数(CPI、2010年=100)は、値動きが激しい生鮮食品を除いたベースで100.4となり、前年同月に比べて0.8%上がった。3カ月連続の上昇。電気料金上昇に加え、テレビやパソコンを含む娯楽用耐久財が約21年ぶりに下げ止まったことも寄与した。

 甘利明経済財政・再生相は同日の閣議後会見で、「長いデフレから脱却しつつある」との認識を示した。

 8月の物価動向を品目別に見ると、全国の電力会社の値上げの動きを反映し、電気代が前年同月比8.9%上がった。ガソリンも、原油高を背景に同13.2%上昇し、前月の10.5%から上げ幅を拡大した。

 3カ月連続の上昇は昨年2~4月にも記録している。この時の上げ幅は0.1~0.2%と小幅にとどまっており、今回は上昇幅が大きい。

 長期デフレの一因となってきた耐久消費財の価格下落も和らいでいる。テレビは前年同月比2.0%低下したが、低下幅は前月から3.3ポイント縮小。テレビやパソコンを含めた「教養娯楽用耐久財」では前年同月比0.1%上昇し、1992年1月以来21年7カ月ぶりにプラスに転じた。』

・「デフレ脱却」に乗れない市場、消費増税の副作用を警戒
ロイター『[東京 27日 ロイター] - 日本の物価上昇傾向をマーケットは好感できずにいる。コストプッシュ型の値上げが多いとはいえ、需給ギャップは縮小しており、全体的には「デフレ脱却」方向にある。

しかし、金利上昇や可処分所得の減少など消費増税の副作用を抑えるために欠かせない賃金や需要を増やす政策はまだ不十分。安倍政権が増税に踏み切ればデフレ脱却に重要な消費マインドにも悪影響を与える、との警戒感が市場には根強い。』

・経済対策、補正規模5兆円 税収上振れで財源
日経『 政府は26日、経済対策を裏付ける2013年度補正予算案の歳出規模を5兆円程度とする方針を固めた。景気回復に伴う税収上振れなどで財源を確保できると判断した。設備投資や賃上げを促す企業減税以外で、公共事業費や研究開発費などに5兆円分を支出する。来年4月からの消費増税による景気の腰折れを防ぐ。』

・米債務上限引き上げ失敗なら世界経済に「壊滅的」影響=IMF
WSJ『国際通貨基金(IMF)によれば、米政府が一時的でも債務返済に支障を来せば、米経済と世界経済に「壊滅的な」影響が及ぶとみられる。

 米政府高官らは、来月半ばまでに連邦政府の債務上限引き上げで議会が合意できなければ、政府の資金は枯渇し、社会保障や退役軍人向けの給付金を支給できなくなると警告している。

 IMFの推計では、こうしたショックはたとえ一時的でも、世界経済の回復の足取りがおぼつかない中では、世界経 …』

★★★
コアコアCPIが-0.1%と、デフレ脱却が目前に迫ってきています。
しかし、今消費税を増税すれば全てが台無しになってしまいます。
世界は未だ不況の嵐です。米国の金融緩和縮小、財務上限問題などのリスクがある状況で消費税増税を判断するのは自殺行為です。
★★★


●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/146-57b6d404

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR