FC2ブログ

Latest Entries

【TPP「聖域」除外、220品目検討へ】アベch.ニュース2013/10/11


人気ブログランキングへ

【TPP「聖域」除外、220品目検討へ】アベch.ニュース2013/10/11

【ヘッドライン】
・TPP「聖域」除外、220品目検討へ 調製品や加工品
朝日『【古谷祐伸】政府・与党は10日、コメや麦など重要な農産物586品目のうち、複数の原料を混ぜるなどした調製品や加工品の約220品目の関税をなくすことができるかを、検討する方針を固めた。日本は環太平洋経済連携協定(TPP)の関税交渉で、関税率がゼロの品目を増やすよう求められているためだ。自民党は年内妥結を念頭に、11月中旬にも検討結果を取りまとめる。

 政府・与党は、コメ、麦、砂糖、乳製品、牛肉・豚肉を農産物の「重要5項目」として関税をなくさない「聖域」にしてきた。今回、砂糖やでんぷんを混ぜた米粉調製品の一部や、砂糖類のキャラメル、チューインガム、牛の舌(タン)や肝臓(レバー)などについて、関税をゼロにしたり、関税率を減らしたりできないかを検討する。』

・経団連会長、賃上げ意欲 法人減税に配慮
日経『 茂木敏充経済産業相は10日、米倉弘昌経団連会長と会談し、大幅に改善した企業収益を「賃上げで還元してほしい」と求めた。米倉会長は「報酬引き上げにつなげたい」と発言。従来より踏み込んだ形で賃上げが必要との認識を示した。法人減税を打ち出した政府に配慮したためだが、賃上げは各企業の労使交渉で決まる。雇用規制の緩和などをめぐり、政労使で思惑のズレもある。

 「経済界としてもタイムリーに積極的に対応したい」。米倉経団連会長は茂木氏にこう応えた。経団連会長が労働組合の要求が本格化する前に賃上げに前向きな方針を示すのは異例だ。

 安倍晋三首相は1日決めた消費増税にあわせ、復興特別法人税を1年前倒しで廃止する方針を表明した。「(減税分を賃上げに回してほしいという)政府のメッセージを理解してもらいたい」と迫る茂木氏。世論の反発を覚悟で安倍政権が法人減税を打ち出したことで、経済界は政治的に追い込まれている。』

・「雇用の岩盤規則、破らないと」 戦略特区WG座長
朝日『【清井聡、山本知弘】国家戦略特区の具体策を検討する政府のワーキンググループ(WG)の座長、八田達夫・阪大招聘(しょうへい)教授が10日、朝日新聞の取材に応じた。厚生労働省が難色を示す雇用の規制緩和について「一番難航している『岩盤規制』だが、破らないといけない」と語り、雇用抜きでの法案作成は考えていないことを明言した。主なやりとりは次の通り。

 ――新しい特区は今までの特区と何が違うのですか。

 「これまでの特区は、あくまで地域の要請によるもの。今回は成長戦略の観点から国が主導する。岩盤と言われる『雇用』『農業』『教育』『医療』などの分野の規制緩和は、地域からは言いにくい」』


●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/158-df89dda5

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR