FC2ブログ

Latest Entries

【消費増税後の価格表示、消費者の7割「総額で」 】アベch.ニュース2013/10/13


人気ブログランキングへ

【消費増税後の価格表示、消費者の7割「総額で」】アベch.ニュース2013/10/13

【ヘッドライン】
・消費増税後の価格表示、消費者の7割「総額で」
日経『来年4月に5%から8%になる消費税率引き上げで、価格の表示方法について消費者の7割強が何らかの形で現在と同じ消費税込み(内税)の総額表示を望んでいることが日経産業地域研究所の調査でわかった。流通業界では10月から税抜き(外税)の本体価格表示も認められているが、表示変更には消費者の抵抗感が強いようだ。』

・自民国対委員長、TPP特別委の設置「通常国会で」
日経『与野党の国会対策委員長は13日午前のNHK番組で、15日召集の臨時国会をにらみ、環太平洋経済連携協定(TPP)や東京電力福島第1原子力発電所の汚染水漏れの問題を巡って論戦した。

 自民党の佐藤勉氏は野党が臨時国会での設置を求めているTPP問題に関する特別委員会について「将来的に議論できる場をしっかり設けたい」と述べ、来年の通常国会で設けるべきだとの考えを示した。民主党の松原仁氏は「(臨時国会で)断固つくるべきだ」と強調。政府・与党が国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案を審議する特別委を新設する条件として、TPP特別委の設置を求めた。』

・米財政問題 低所得者の生活を直撃
NHK『アメリカ議会の与野党の対立による政府機関の一部閉鎖は、とりわけ低所得者層の生活を直撃しています。

アメリカでは、所得の低い家庭の子どもたちを対象にした保育園や幼稚園が国の予算で40年以上前から運営されています。
しかし、議会で予算が成立していないため、運営資金が途絶え、今月に入って一時閉鎖に追い込まれる施設が相次ぎ大きな問題になっています。
これまでに東部コネティカット州など全米6つの州で7200人の園児たちが施設に通えなくなりました。
このうち、北東部のマサチューセッツ州にある幼稚園では、現在は、去年からの繰越金と州の緊急援助で運営を続けているものの、その資金もあと2週間ほどで底をつくと話しています。
この幼稚園に3歳の長男アンソニー君を通わせている母親のマリアン・ビショップさんは「体が悪く、毎週病院に通っているのに子どもを預ける場所がなくなると困る」と不安を募らせています。
父親のクリス・ファロレティさんも失業中で生活保護に頼る生活を続けていて、夫妻は「政府や議会のもめ事でこどもから教育の機会を奪わないでほしい」と訴えています。
政府機関の一部閉鎖が今後も続けば、国の支援で生活している低所得者を中心に深刻な影響が広がる恐れが高まっていて、市民の不安といらだちが募っています。』

●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/159-bc92bcc1

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR