FC2ブログ

Latest Entries

【アベノミクスが変質、財政拡張を金融緩和が支える構図に】アベch.ニュース2013/10/23


人気ブログランキングへ

【アベノミクスが変質、財政拡張を金融緩和が支える構図に】アベch.ニュース2013/10/23

【ヘッドライン】

昨日に引き続き「向こう側の人達」の不満・不安を繁栄した記事です。
変質してくれれば良いのですが。。。

・アベノミクスが変質、財政拡張を金融緩和が支える構図に=元日銀理事
ロイター『東京 23日 ロイター] - 富士通総研の早川英男エグゼクティブ・フェロー(元日銀理事)は23日の記者向け勉強会で、成長戦略が後退しつつある中で、アベノミクスは「3本の矢」から財政拡張を金融緩和が支える構図に変化しているとの認識を示した。

そうした中で、日銀が国債買い入れなど追加緩和を実施すれば、マネタイゼーション懸念が高まるリスクがあると警告した。

早川氏は政府の成長戦略について、従来の内閣と比べて「異次元なものはない」とし、今臨時国会における「岩盤規制」の打破は見送られるとの見通しを示した。一方、来年4月の消費増税による景気への悪影響を軽減するため、政府が5兆円規模の経済対策を打ち出したことで、「第3の矢(成長戦略)がどんどんしぼみ、第2の矢(財政政策)が膨らんでいる」と指摘。アベノミクスの「3本の矢」は「財政拡張を金融緩和(第1の矢)が支え、構造改革をスルーするものへと変質しつつあるのではないか」と語った。』

・日銀総裁、日本経済「2%物価目標に向け徐々に前進」 参院委
日経『日銀の黒田東彦総裁は23日午前、参院予算委員会に出席し、4月に導入した量的・質的金融緩和に関して「所期の効果を着実に発揮してきている」との認識を示した。日本経済は「2%の物価安定目標に向けて徐々に前進していっている」と語った。

 量的・質的緩和導入以降の金融・資本市場の動向について「株価が上昇する一方で、長期金利は安定的に推移している」と述べた。予想物価上昇率は「全体として上昇しているとみられる」と指摘した。名目金利から予想物価上昇率を除いた実質金利の低下が「民間需要を刺激している」との考えも示した。民主党の大塚耕平氏への答弁。〔日経QUICKニュース(NQN)〕』

・内閣府、避難指針見直しへ 気象庁は市町村長に直接電話
朝日『伊豆大島(東京都大島町)の土石流被害を受け、内閣府は市町村が避難勧告や指示を出す際の判断指針を年度内に見直すことを決めた。気象庁も離島などで記録的な大雨が降った場合に、市町村長に直接電話して警戒を呼びかける仕組みを導入する方針を固めた。』

●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/167-734c4d11

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR