FC2ブログ

Latest Entries

【コアコアCPI ゼロ】アベch.ニュース2013/10/25


人気ブログランキングへ

【コアコアCPI ゼロ】アベch.ニュース2013/10/25

【ヘッドライン】

ついにコアコアCPIがゼロまで来ました。
しかし、麻生副総理の仰るとおり未だ道半ばです。
インフレ目標2%を達成して始めてデフレ脱却と言えるでしょう。

・焦点:コアコアCPI下げ止まり、「デフレ脱却宣言」残る条件は
ロイター『[東京 25日 ロイター] - 政府がデフレ脱却判断に向け重視している「コアコア指数」が、9月消費者物価指数(CPI)で前年比ゼロ%となり4年半ぶりに下げ止まった。エネルギーや食品以外でも物価が上昇しつつあることを示しており、「デフレ脱却宣言」へ向け一歩前進したかたちだ。

ただ、政府部内には消費増税後の消費動向や円高リスクを勘案して慎重に判断するべきとの声があり、コアコアCPIが少なくとも0.5%以上になるまでは安心できないとの見方がある。また、政府と日銀が掲げている2%のコアCPI(除く生鮮)上昇の目標達成まで見送られるとの声も出ている。』

・デフレ脱却にはまだしばらくかかる=麻生財務相
ロイター『消費者物価がマイナス圏を脱したことについて麻生財務相は「これまで10カ月の経済政策の効果が、確実にコアCPI、コアコアCPIに出ている」とし、「今後ともこの方向で進めていかなければならない」と語った。

ただ、デフレに後戻りしない状況と定義する「デフレ脱却」には、「まだまだしばらくかかる」と見通した。』

・デフレ脱却へ、8合目半ば=CPIで甘利経済再生相
ロイター『甘利経済再生相は消費者物価指数の動きについて「デフレから脱却し、なおかつ経済が健康的に発展していくというためには、いわゆるコストプッシュ型の物価上昇でなく、ディマンドプル型の物価上昇でなくてはならない」と指摘。コアコア指数がマイナスを脱却したことについて「デフレ脱却へ必ず通らなけばならない経過だと思っている。いい動きになりつつある」と述べた。』

・台風27号、26日朝にも激しい雨 東日本に厳重警戒
朝日『台風27号は25日午後、九州・四国の南海上を速度を速めながら北東へ進んだ。26日には東日本の南海上を進み、昼ごろには伊豆諸島に近づく見込みだ。台風の北東側の前線が活発化する影響で、東日本は広い範囲で大雨になるとして、気象庁は土砂災害や河川の増水などへの厳重な警戒を呼びかけている。

 東日本では26日朝にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、関東や伊豆諸島では局地的には80ミリ超の猛烈な雨のおそれがある。26日午後6時までの24時間雨量は、いずれも多いところで伊豆諸島250ミリ、関東甲信200ミリ、東海180ミリと予想されている。』

●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース



人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/169-d596ae18

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR