FC2ブログ

Latest Entries

【TPP交渉参加 首相「国柄を守る」】アベch.ニュース2013/3/15


人気ブログランキングへ

【TPP交渉参加 首相「国柄を守る」】アベch.ニュース2013/3/15
http://togetter.com/li/472291

【ヘッドライン】
・首相、TPP交渉参加を表明 「例外維持へ努力」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1503I_V10C13A3000000/
安倍内閣総理大臣記者会見
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0315kaiken.html
安倍首相『最も大切な国益とは何か。日本には世界に誇るべき国柄があります。息を飲むほど美しい田園風景。日本には、朝早く起きて、汗を流して田畑を耕し、水を分かち合いながら五穀豊穣を祈る伝統があります。自助自立を基本としながら、不幸にして誰かが病に倒れれば村の人たちがみんなで助け合う農村文化。その中から生まれた世界に誇る国民皆保険制度を基礎とした社会保障制度。これらの国柄を私は断固として守ります。』

安倍首相がTPP交渉参加を表明しました。
日本は国益を守れるのでしょうか。内外の動向に注目していきます。


・黒田日銀総裁を国会が承認 岩田・中曽副総裁も
http://www.nikkei.com/markets/features/12.aspx?g=DGXNASFS1500C_15032013MM0000
日経『国会は15日午前、次期日銀総裁に黒田東彦アジア開発銀行(ADB)総裁(68)、副総裁に岩田規久男学習院大教授(70)、中曽宏日銀理事(59)をそれぞれ起用する人事案を正式に承認した。14日の衆院に続き、15日午前の参院本会議で自民、公明両党と野党の一部の賛成多数で可決した。大胆な金融緩和を掲げる安倍晋三首相が選んだ新体制は20日に発足する。』

・景気「持ち直しの動き」 月例報告、3カ月上方修正
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF14015_V10C13A3MM0000/
日経『甘利明経済財政・再生相は15日、3月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出した。景気の総括判断を「一部に弱さが残るものの、このところ持ち直しの動きがみられる」とし、前月の「下げ止まっている」から引き上げた。上方修正は3カ月連続。自動車を中心に生産が回復しているほか、求人の増加で雇用が改善しているためだ。
 総括判断を3カ月続けて上げるのは2009年5~7月以来。内需主導で景気が底入れし、回復軌道に入りつつあることを確認した。』

月例経済報告等に関する関係閣僚会議資料
http://www5.cao.go.jp/keizai3/getsurei/2013/03kaigi.pdf


●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/17-75222965

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR