FC2ブログ

Latest Entries

【サマーズ「私が言っているのは、需要拡大をわが国の優先事項にすべきだということだ」】アベch.ニュース2013/10/31


人気ブログランキングへ

【サマーズ「私が言っているのは、需要拡大をわが国の優先事項にすべきだということだ」】アベch.ニュース2013/10/31

【ヘッドライン】
・サマーズ元財務長官、財政赤字への懸念不要論
WSJ『同氏は最近、「はっきり言っておくが、財政規律と経済成長が2つとも同じように優先事項だ、と言っているのではない。私が言っているのは、需要拡大をわが国の優先事項にすべきだということだ」と述べた。』

『サマーズ氏は、財政支出を拡大する(これは現在の需要を押し上げる)ことでインフラ整備をする(これは将来の成長を改善する)べきだと考えている。』

『今から25年あるいは75年後の経済情勢や財政赤字を予想しても間違うのが当然であり、どの方向に進むべきかは誰も分からない。サマーズ氏は、「現在の雇用不足ではなく、25年後の債券市場をめぐる懸念を政策運営の根拠にすべきではない」と指摘する。』

サマーズ氏の主張は現在の日本にもそのまま当てはまります。
財政の均衡よりも、経済の均衡を優先すべきです。

・米財務省為替報告が独の輸出依存を批判、「世界経済にデフレバイアス」
ロイター『報告書は、ドイツなど輸出依存度の高いユーロ圏諸国に対し、国内経済の拡大にさらに注力して、欧州経済の安定度を高めるべきだと主張。「ドイツの内需の伸び悩みと輸出依存が(ユーロ圏経済の)リバランスを妨げている」とし、「この結果、ユーロ圏と世界経済にデフレバイアスが生じている」と指摘した。』

・10月のドイツCPI上昇率は前年比1.2%、4月以来の低水準
WSJ『【フランクフルト】10月のドイツ消費者物価指数(CPI)は、前年比の伸びが4月以来の低水準となった。食品価格が高止まりする一方、ヒーティングオイル(暖房用石油)やガソリン価格が下落し、全体を押し下げた。

 ドイツ連邦統計局が30日発表した10月のCPI速報値は前年同月比で1.2%の上昇となり、9月(1.4%上昇)を下回った。前月比では0.2%低下した。』

・10月のユーロ圏インフレ率は0.7%、約4年ぶり低水準
WSJ『 ユーロ圏のインフレ率は10月に、ほぼ4年ぶりの水準に低下した。理事会を来週開く欧州中央銀行(ECB)には、通貨供給量を増やし、域内の弱々しい経済を支える決定を下すよう圧力が強まりそうだ。

 欧州連合(EU)の統計機関ユーロスタットが31日発表した10月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)速報値は前年同月比で0.7%上昇した。上昇率は9月の1.1%から急低下し、2009年11月以来の低水準となった。』

●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/172-169f19a8

«  | ホーム |  »

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR