FC2ブログ

Latest Entries

【異次元緩和「評価」58%】アベch.ニュース2013/4/21


人気ブログランキングへ

【異次元緩和「評価」58%】アベch.ニュース2013/4/21
http://togetter.com/li/491426

【ヘッドライン】
・異次元緩和「評価」58%、内閣支持76% 本社世論調査
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2102G_R20C13A4MM8000/
日経『日本経済新聞社とテレビ東京が19~21日に実施した世論調査で、安倍内閣の支持率は76%となり、3月の前回調査から7ポイント上昇した。第1次内閣を含め安倍内閣の最高を記録、民主党政権を上回り小泉内閣以来の高い水準となった。経済指標の好転が追い風になっている形で、日銀の異次元緩和は58%が「評価する」と答え「評価しない」は18%だった。』

・「所得増えない」69% 共同通信世論調査
http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013042101001767.html
47NEWS『共同通信が20、21両日に実施した全国電話世論調査によると、金融緩和など安倍政権の経済政策「アベノミクス」で所得が増えると思うとの回答は24・1%にとどまった。増えないと思うとの答えが69・2%に上り、期待が広がっていないことが分かった。景気好転を「実感できない」との声が81・9%に達し、「実感できる」は13・7%。』

「仕事(残業)が増えたか」という質問であれば、「増えた」と答える人は多いのではないでしょうか。基本給が上がり始めるには時間がかかりますが、まずは残業代、ボーナスが変わってくると思います。

・在日米軍基地 親善行事相次ぎ中止
http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013042101001767.html
NHK『在日アメリカ軍基地で予定されていた、日本とアメリカの親善を目的にした行事が、ことしは、アメリカ国防費の強制削減の影響で、相次いで中止となっていることが分かりました。
国内のアメリカ軍基地では、例年、春から秋にかけて、日米の親善や友好を目的に、航空ショーや演奏会などの行事が行われ、基地によっては20万人を超える人が訪れます。
しかしことしは、5月に予定されていた山口県の岩国基地、6月に予定されていた沖縄県の嘉手納基地、9月に予定されていた東京の横田基地など、少なくとも5つの基地や施設で、行事が中止や延期になりました。
理由について在日アメリカ軍は、財政赤字に伴う国防費の強制削減の影響で、行事の予算が確保できなくなったためと説明しています。
強制削減を巡っては、アメリカ軍が今月行う予定だったアジア太平洋地域に展開する戦闘機などによる大規模な演習を中止するなど、活動への影響が出始めています。
在日アメリカ軍司令部は、「現在、各部隊が予算を再検討しているが、日米の協力関係に影響を与えることはない」と話しています。』

米国の「財政の崖」の影響がこんな所にも現れています。
皆さん、今年後半の米国経済に注目して置いてください。
不況(リーマンショック)の傷が癒えないうちに財政支出を削減するとどうなるか、いい反面教師になると思います。


●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/47-4aa81c7e

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR