FC2ブログ

Latest Entries

【日経平均1万4000円を回復】アベch.ニュース2013/5/7


人気ブログランキングへ

【日経平均1万4000円を回復】アベch.ニュース2013/5/7
http://togetter.com/li/499454

【ヘッドライン】
・東証前引け、大幅反発 1万4000円台乗せ、ソニーが高値更新
http://www.nikkei.com/markets/kabu/summary.aspx?g=DGXNASS0ISS13_07052013000000
日経『7日前場の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発し、終値は前営業日の2日に比べ389円22銭(2.84%)高の1万4083円26銭だった。前週末発表の4月の米雇用統計が市場予想を上回り、米景況感が改善。投資家が運用リスクをとり、株式に資金を振り向ける動きが進み、幅広い銘柄に買いが入った。外国為替市場での円安傾向を受け、自動車など輸出関連企業の上げが目立った。』

・諮問会議で脱デフレへの道筋説明 黒田日銀総裁
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0703H_X00C13A5EE8000/
日経『政府は7日の経済財政諮問会議で金融政策・物価の集中審議を開いた。日銀の黒田東彦総裁は4月に導入した量的・質的金融緩和とデフレ脱却への道筋を説明した。安倍晋三首相は「マクロ経済環境のレジームチェンジ(体制転換)だ」と評価した。各閣僚には「所得や雇用の増加を伴う経済成長に着実につながるよう奮闘努力してほしい」と要請した。』
『麻生太郎副総理は「展望リポートの見通し期間を(従来より)1年延長したことは一定の説明責任を果たすもので高く評価する」と述べた。民間議員からは「金融緩和のリスクの芽を摘む観点から、不動産向け融資が増えていないか注意する必要がある」「物価上昇と実体経済の改善が良いスパイラルで進むのが望ましい」との声が出た。』

・コラム:ラインハート・ロゴフ研究の誤りに学ぶ=サマーズ氏
http://jp.reuters.com/article/jpeconomy/idJPTYE94602L20130507
ロイター『単一の統計結果だけに基づいて、重要な政策上の結論を導き出すことがあってはならない。異なる方法論のアプローチによる複数の研究が示す証拠の蓄積に基づいて、政策判断は成されるべきだ。』
『「モデル」から引き出される結論を、その背後にある動機を直感的に理解することなく受け入れることは控えるべきだ。研究者が自らの研究結果を政策論議に取り入れてほしいと望むのは正しいし、理解できる。しかし彼らには、研究結果を単純化し過ぎたり、誇張する者を思いとどまらせ、場合によっては反論する責務がある。』
『今考えてみれば、約30カ国のデータによって、債務がどの水準を超えれば危険になるかを推計できると信じるのは愚かだ。そうした境界線が存在すると仮定しても、自国通貨の有無、金融システム、文化、開放度、経済成長の経験における大きな相違に関わらず、すべての国でその水準が同一であるはずはないだろう。言い古されている通り、相関性は因果関係を立証しないし、高債務と低成長が併存する傾向があるとしても、それは低成長後に債務が積み上がることを反映している。』

●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/53-5860edcb

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR