FC2ブログ

Latest Entries

【黒田総裁候補「2%物価上昇目標 達成可能と確信している」】アベch.ニュース2013/3/4


人気ブログランキングへ

【黒田総裁候補「2%物価上昇目標 達成可能と確信している」】アベch.ニュース2013/3/4
http://togetter.com/li/466261

【トピックス】
・黒田氏「2%物価目標は達成可能」 国会で所信
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL040FG_U3A300C1000000/?dg=1
日経『日銀総裁候補の黒田東彦アジア開発銀行総裁は4日午前、衆院議院運営委員会の所信聴取で、政府と日銀が共同声明で決めた2%の物価安定目標について「世界的なスタンダードで、日銀が金融政策決定委員会で決定したのは極めて正しい」との認識を示した。
 そのうえで「(上昇率を)2%にまで高めるのに大変な困難を伴うのは事実だが、あらゆる手法を講じて、できるだけ早期に達成する必要がある。それは可能だと確信しており、全力を挙げてそういう方向に向けて努力する」と強調した。』

・岩田日銀副総裁候補:インフレ心理なら円安株高-解決に魔法の杖ない
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MJ4JJS6JTSEG01.html
ブルームバーグ『岩田氏は「デフレは貨幣的な現象だ」とあらためて強調。2%の物価目標達成に向けた日銀の取り組み姿勢が市場の信認を得れば、予想インフレ率の上昇を通じて予想実質金利が下がり、実際の物価が上がり始める前に円安・株高が進むと説明した。企業収益や設備投資、家計消費といった実体経済にも一定の時間差を伴って波及すると語った。』

・日本の金融政策はデフレ脱却が目的=中尾財務官
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK834172120130304
ロイター『中尾武彦財務官は4日、都内で開かれたシンポジウムに出席し、日本の金融政策はデフレ脱却を目指すものであり、結果として生じる通貨の下落は許容されるべきだとの考えを示した。』

・大証システム障害、日経平均先物など取引停止
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGD0400B_U3A300C1MM0000/?dg=1
東証後場寄り、上値重い 円下げ渋り、大証システム障害で
http://www.nikkei.com/markets/kabu/summary.aspx?g=DGXNASS0ISS14_04032013000000

日銀総裁候補の所信聴取のの日にシステム障害とはずいぶん気が利いていますね。偶然ならよいのですが。。。

●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/6-f1fee386

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR