FC2ブログ

Latest Entries

【1~3月期GDP、年率3.5%増】アベch.ニュース2013/5/16


人気ブログランキングへ

【1~3月期GDP、年率3.5%増】アベch.ニュース2013/5/16

【ヘッドライン】
・1~3月期GDP、年率3.5%増 2四半期連続プラス
日経『 内閣府が16日発表した2013年1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.9%増、年率換算では3.5%増だった。プラスは2四半期連続。円安や株高を背景に景気回復に対する期待が広がり、個人消費が伸びた。設備投資はマイナスが続いた。』

国内総生産(支出側)及び各需要項目

2013 年1-3月期四半期別GDP速報(1次QE)
公表に際しての甘利経済財政政策担当大臣談話

『1.本日公表した 2013 年1-3月期GDP速報(1次QE)では、実質成長率は前期比年率 3.5%と、2四半期連続のプラスとなった。
その要因としては、①家計のマインドが改善する中で、外食や
自動車等を中心に個人消費が大きく増加したこと、②海外景気の
底堅さ等を背景に、輸出が増加に転じたことなどが挙げられる。
個人消費の増加を中心に、安倍内閣の経済政策の効果が現れ始
めているものと考えている。
2.先行きについては、世界経済の緩やかな回復が期待される中で、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の「三本の矢」に一体的に取り組むことにより、着実な需要の発現と雇用創出が見込まれ、民需主導で持続的な景気回復が進むと見込んでいる。
3.政府としては、引き続き、「三本の矢」により、デフレから早期に脱却し、雇用と所得の増加を伴う経済成長を実現してまいりたい。
(以上) 』

・ボストン連銀総裁:低インフレは日本のような停滞リスク内包
ブルームバーグ『5月16日(ブルームバーグ):米ボストン連銀のローゼングレン総裁は、米連邦準備制度理事会(FRB)の目標を「継続的」に下回っているインフレ率について懸念を表明した上で、政策が成長を支える役割を果たしていないことを示唆している可能性があるとの認識を示した。
同総裁は16日にミラノでの講演で、「2%のインフレ目標をはるかに下回る状態が長期化するほど、インフレ期待は低下して実質金利が上昇し得るリスクが大きくなる」と指摘。低いインフレ率と高い失業率は「政策が十分に緩和的ではないという議論を招く可能性がある」と述べた。同総裁の発言内容は準備原稿に基づく。』
『同総裁は「現行のインフレ率の水準は米経済がマイナスの衝撃に見舞われた際に何かしら懸念材料となるだろう」と説明。国内のインフレ期待は安定しているものの、「低インフレに対応しなかった」日本のように「相当なマイナスの衝撃でデフレに陥ると、そこから脱却するのは困難を極める」と述べた。』

・米失業保険申請件数:36万件、予想上回る-4週平均も増加
ブルームバーグ『先週の米新規失業保険申請件数は市場予想を上回る増加となった。
米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数 (季節調整済み)は、前週比3万2000件増の36万件。これは3月末以降で最多となる。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は33万件だった。労働省の報道官は、申請件数の大幅増について説明した州は1つもなかったと指摘した。前週は32万8000件(速報値32万3000件)に修正された。』

・米住宅着工件数:4月は5カ月ぶり低水準-集合住宅が大幅減
ブルームバーグ『4月の米住宅着工件数は前月比で減少し、5カ月ぶりの低水準となった。集合住宅の着工が減速した。着工許可件数はほぼ5年ぶりの高水準
米商務省が16日発表した4月の住宅着工件数 (季節調整済み、年率換算、以下同じ)は85万3000戸と、前月から16.5%減少した。これは2011年2月以来の大幅なマイナス。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は97万戸だった。前月は102万戸と、速報値の104万戸から下方修正された。』

・ユーロ圏は日本から何を学ぶことができるか
WSJ『ユーロ圏の政策担当者らはいま、二つのことが頭の中で大きな位置を占めているだろう。そのひとつは、半ば恒久化したリセッション(景気後退)と迫り来るデフレだ。もうひとつは、日本で最近、金融政策と財政措置が明らかに劇的な効果を挙げているという事実だ。
 ユーロ圏も、日本に倣えば、問題を終わらせることができるのだろうか。』

・ユーロ圏:4月インフレ率改定値1.2%、4カ月連続で低下
ブルームバーグ『5月16日(ブルームバーグ):欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が16日発表した4月のユーロ圏消費者物価指数(改定値)は前年同月比1.2%上昇となった。インフレ率は4カ月連続の低下。
前月比では0.1%低下した。3月は前年同月比1.7%上昇だった。』

アベノミクスが世界の経済政策の手本となりつつあります。
当初の予定通り機動的な財政出動が出来るかがポイントです。


●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/61-68d85e59

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR