FC2ブログ

Latest Entries

【成長戦略の具体的税制措置は与党で議論】アベch.ニュース2013/6/24


人気ブログランキングへ

【成長戦略の具体的税制措置は与党で議論】アベch.ニュース2013/6/24

【ヘッドライン】
・成長戦略の具体的税制措置は与党で議論=安倍首相
ロイター『[東京 24日 ロイター] - 安倍晋三首相は24日夕、政府税制調査会の初会合であいさつし、民間投資を喚起する成長戦略のための具体的税制措置については与党税制調査会で議論することになるが、政府税調でも中長期的な視点から幅広い議論をお願いしたいと述べた。』

・岩田日銀副総裁インタビューの一問一答
ロイター『「(予想インフレ率の上昇で)実質金利が下がれば、ある程度の時間はかかるが、設備投資や住宅投資が増える。株価と円相場にも影響を与え、株と外貨資産の価値が上がる2つの資産効果が消費を押し上げる。円高修正によって、輸出も増えてくる。このように設備投資、住宅投資、個人消費、輸出という民間需要が拡大し、需給バランスが改善していく。需給バランスが改善すれば生産が増えるので、雇用も増えてくる。その結果、少しずつ賃金や物価が上昇する。そうなれば予想インフレ率が一段と上がり、実質金利が下がって設備投資などを刺激するという効果を繰り返す好循環の過程に入っていく」』

『──異次元緩和後の金利動向をどうみているか。

「金利に対しては2つの違う働きの効果が働いている。国債を大量に買い入れたため、名目金利やリスクプレミアムは下がる。一方、予想インフレ率が上がることで名目金利が上昇する要素もある。金融政策の結果、予想インフレ率が上昇し、実質金利が下がっているかどうかが一番大事だ。そうでなければ株や為替、実体経済に対する影響が出てこない。(現在の実質金利は)BEIでみるとマイナスだ」』

・安倍政権、次はTPP遂行へ=山本幸三・衆院議員
ロイター『山本議員は「第三の矢としての成長戦略が最も大事」とした上で、7月の参院選挙で自民党が圧勝した場合には、構造改革や規制緩和にしっかり取り組む必要性を強調。その上で「TPPをやり遂げることが安倍政権の次の課題。それが政権の推進力にもなるので、まとめるしかない。参院選で圧勝すればできる。その中で、構造改革もしっかりできる」と述べた。』

・藤井聡内閣官房参与FBより
『この度,建設系メディアの皆さんが,インターネット番組

 「土木チャンネル」

を,土木学会さんの協力の下で開設されました.

このチャンネルでは,週に一回,「土木」についての動画を配信していく予定となっております.その中で,

 「築土構木の思想」

という番組のナビゲータを仰せつかり,毎週,いろいろな有識者の方と対談をする予定としております.

その第一回に,土木技術者でもあられる自民党の脇雅史先生にご登壇いただき,
  「実践の現場から日本を斬る!」(前半)
と題した対談をいたしました動画を,下記にて配信いたしております.

これから毎週月曜に新しい動画を配信していく予定です.
是非,ご関心の方は,下記,ご閲覧ください!』



●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/83-757306a9

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR