FC2ブログ

Latest Entries

【日銀短観、景況感プラス4】アベch.ニュース2013/7/1


人気ブログランキングへ

【日銀短観、景況感プラス4】アベch.ニュース2013/7/1

【ヘッドライン】
・日銀短観、景況感プラス4 11年3月以来の高水準
日経『日銀が1日発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)は、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)が大企業製造業でプラス4となった。3月の前回調査(マイナス8)に比べて12ポイント改善。2期連続で改善し、2011年3月調査(プラス6)以来の高水準になった。』

・大企業・全産業の設備投資、5.5%増に上方修正
日経『日銀が1日発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)によると、2013年度の設備投資計画は大企業全産業が前年度実績比5.5%増だった。QUICKがまとめた市場予想の中央値(3.0%増)を上回った。』

日銀短観

・アベノミクス快走中 山田勉氏


・6月米ISM製造業景気指数は再び50台回復、雇用悪化
ロイター『[ニューヨーク 1日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が発表した6月の製造業景気指数は50.9と、前月の49.0から上昇し、判断の分かれ目となる50を再び上回った。市場予想は50.5だった。

一方、内訳では雇用が48.7と前月の50.1から悪化、2009年9月以来約4年ぶりの低水準となり、景気の底堅さに不安を残す格好となった。』

・5月のユーロ圏失業率、12.1% 最悪水準で推移
日経『【ザグレブ=御調昌邦】欧州連合(EU)統計局は1日、5月のユーロ圏の失業率が12.1%となり、前月に比べて0.1ポイント上昇したと発表した。統計上比較可能な1995年以降の最悪水準で推移している。4月分の失業率は当初12.2%と発表されたが、今回12.0%に下方修正された。

 国別にみると、スペインが26.9%となり、前月比で0.1ポイント上昇。イタリアは12.2%で0.2ポイント上昇。フランスは10.4%で変わらず。ドイツは5.3%で0.1ポイント低下した。』

・授業中、気失う子続々…緊縮財政で「飢え」深刻
読売『緊縮財政下のギリシャで「飢え」が問題になっている。

 授業中に空腹で倒れる学童が出る事態に、民間ボランティアが救済に乗り出した。

 アテネ郊外の住宅街にある民間活動団体(NGO)「アルトス・ドラッシ」は、賞味期限が迫った食材などを地元の協力で集め、毎日約120人分の料理や食品を無料で配っている。昼近くになると、大きな手提げ袋を持った人が次々と訪れる。

 「毎週、新しい人が来るの。1年前と比べたら2・5倍に増えたわ」と、ボランティアのカリオピさん(66)が話す。17年前、クルド難民を支援するために始まった活動は、今や訪れる人々の大半がギリシャ人になったという。』

・ユーロ圏崩壊懸念、今や払拭された=レーン欧州副委員長
WSJ『 【フランクフルト】欧州委員会のレーン副委員長(経済・通貨問題・ユーロ担当)は1日、ユーロ圏が崩壊するとの懸念が払拭(ふっしょく)されたとの見解を示した。

 副委員長は、欧州中央銀行(ECB)による国債買入措置「アウトライト・マネタリー・トランザクションズ(OMT)」と、ユーロ圏の救済基金である欧州安定メカニズム(ESM)が金融安定をもたらし「欧州経済における極度のイベントリスクを抑える」のに役立った …』


●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/88-73ad6b57

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR