FC2ブログ

Latest Entries

【自民 圧勝】アベch.ニュース2013/7/22


人気ブログランキングへ

【自民 圧勝】アベch.ニュース2013/7/22

【ヘッドライン】
・安倍首相:選挙圧勝で長期政権視野も、脱デフレ・消費税など課題山積
ブルームバーグ『 7月22日(ブルームバーグ):自民、公明の連立与党が21日の参院選で圧勝して野党が参院で多数派を占めていた「ねじれ国会」が解消された。安倍晋三首相は5年5カ月にわたって在任した小泉純一郎首相以来の長期政権も視野にデフレ脱却や消費税、東アジア外交など山積する政策課題に取り組むことになる。』

・1人区、自民29勝2敗で圧倒 民主は全敗
日経『 31の1人区で自民党は29勝2敗と圧勝し、民主党は全敗した。衆院の小選挙区と同じように、1人しか当選できない参院選挙区の1人区の勝敗は、時の政治情勢を鮮明に映し出す。「小泉旋風」が吹いた2001年、自民党は27の1人区で25勝2敗の戦績だった。』





・財政健全化より成長を優先=G20財務相・中銀総裁会議
WSJ『【モスクワ】モスクワで19、20の両日開催された20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は、財政緊縮化の前に成長を目指すことで合意して閉幕した。世界の景気回復は依然弱々しくばらつきがあるとの懸念が強まる中で、米国の見方が受け入れられた形となった。

 G20は共同声明で、「当面は雇用の増加と経済成長を優先する」ことをうたった。最近のG20では、経済成長とともに財政健全化の必要性も強調されていた。G20が方針転換したのは、欧州の姿勢が変化したことを示している。

G20「金融政策の変更、明確な意思疎通の下で慎重に実施」
 ドイツは以前から、G20は現行の2016年までの債務削減目標に続く中期債務目標を掲げるよう唱えていたが、米国が強硬に反対する中で支持は広がらなかった。G20当局者によれば、今会議でもドイツは他の国から支持を得られなかったもようだ。

 ルー米財務長官はウォール・ストリート・ジャーナルに対し、「G20は雇用と成長を加速させる政策を追求する必要性を認識した」と総括。その上で米国を例に挙げ、「雇用に重点を置いた賢明なマクロ経済政策が、成長を促進する最善の方法であることが明確になった。その後に民間の需要増が確固たるものになってから財政健全化に取り組むべきだ」と述べた。別の米財務省当局者はもっと明確に、「成長か、緊縮財政かという論争は決着がついたようだ」と語った。』

・消費税引き上げ、経済情勢見極めながら秋に判断=安倍首相
ロイター『[東京 22日 ロイター] - 安倍晋三首相は22日午後、参議院選挙を受けて自民党本部で記者会見し、消費税引き上げについて、4─6月の経済指標などを踏まえ、経済情勢を見極めながら秋に判断すると述べた。また、「デフレ脱却、経済成長と財政再建の両方の観点からしっかりと判断していく考えだ」と語った。』

・TPP代表団がマレーシアに出発 23日に交渉参加
日経『 政府は23日、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉に正式参加する。100人規模の日本代表団が22日、交渉会合の開催地、マレーシアに向け順次出発した。TPP交渉は、参院選後の経済政策で焦点の一つ。日本は、参加12カ国で最大規模の代表団を派遣し、交渉参加の遅れを取り戻す。

 マレーシアの交渉会合は15~25日の日程。日本は米国の議会手続きが終わる23日午後から正式参加し、交渉経過や条文案をまとめた「テキスト」が閲覧可能になる。

 現地には鶴岡公二首席交渉官を筆頭に外務、経産、農水など各省の出身者で構成する交渉担当者らが入る。』

●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abenomicschannel.blog.fc2.com/tb.php/99-974e3181

«  | ホーム |  »

2021-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR