FC2ブログ

Latest Entries

【コアコアCPI ゼロ】アベch.ニュース2013/10/25


人気ブログランキングへ

【コアコアCPI ゼロ】アベch.ニュース2013/10/25

【ヘッドライン】

ついにコアコアCPIがゼロまで来ました。
しかし、麻生副総理の仰るとおり未だ道半ばです。
インフレ目標2%を達成して始めてデフレ脱却と言えるでしょう。

・焦点:コアコアCPI下げ止まり、「デフレ脱却宣言」残る条件は
ロイター『[東京 25日 ロイター] - 政府がデフレ脱却判断に向け重視している「コアコア指数」が、9月消費者物価指数(CPI)で前年比ゼロ%となり4年半ぶりに下げ止まった。エネルギーや食品以外でも物価が上昇しつつあることを示しており、「デフレ脱却宣言」へ向け一歩前進したかたちだ。

ただ、政府部内には消費増税後の消費動向や円高リスクを勘案して慎重に判断するべきとの声があり、コアコアCPIが少なくとも0.5%以上になるまでは安心できないとの見方がある。また、政府と日銀が掲げている2%のコアCPI(除く生鮮)上昇の目標達成まで見送られるとの声も出ている。』

・デフレ脱却にはまだしばらくかかる=麻生財務相
ロイター『消費者物価がマイナス圏を脱したことについて麻生財務相は「これまで10カ月の経済政策の効果が、確実にコアCPI、コアコアCPIに出ている」とし、「今後ともこの方向で進めていかなければならない」と語った。

ただ、デフレに後戻りしない状況と定義する「デフレ脱却」には、「まだまだしばらくかかる」と見通した。』

・デフレ脱却へ、8合目半ば=CPIで甘利経済再生相
ロイター『甘利経済再生相は消費者物価指数の動きについて「デフレから脱却し、なおかつ経済が健康的に発展していくというためには、いわゆるコストプッシュ型の物価上昇でなく、ディマンドプル型の物価上昇でなくてはならない」と指摘。コアコア指数がマイナスを脱却したことについて「デフレ脱却へ必ず通らなけばならない経過だと思っている。いい動きになりつつある」と述べた。』

・台風27号、26日朝にも激しい雨 東日本に厳重警戒
朝日『台風27号は25日午後、九州・四国の南海上を速度を速めながら北東へ進んだ。26日には東日本の南海上を進み、昼ごろには伊豆諸島に近づく見込みだ。台風の北東側の前線が活発化する影響で、東日本は広い範囲で大雨になるとして、気象庁は土砂災害や河川の増水などへの厳重な警戒を呼びかけている。

 東日本では26日朝にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、関東や伊豆諸島では局地的には80ミリ超の猛烈な雨のおそれがある。26日午後6時までの24時間雨量は、いずれも多いところで伊豆諸島250ミリ、関東甲信200ミリ、東海180ミリと予想されている。』

●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース



人気ブログランキングへ


テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

【連合5年ぶりベア要求 一律1%以上】アベch.ニュース2013/10/24


人気ブログランキングへ

【連合5年ぶりベア要求 一律1%以上】アベch.ニュース2013/10/24

【ヘッドライン】
・連合5年ぶりベア要求 14年春季交渉、一律1%以上
日経『連合は24日、2014年の春季労使交渉で、賃金水準について一律に1%以上引き上げるベースアップ(ベア)を求める方針を打ち出した。ベア要求は5年ぶり。年齢や勤続年数に応じて賃金が上がる定期昇給分の確保も求めた。』

・台風27号、週末へ大雨警戒 「気象条件26号と似る」
日経『強い台風27号は24日、沖縄県南大東島の西北西の海上をゆっくりと北北東に進んだ。26日にかけて本州の南海上を北東に進む見込みで、気象庁は24日午後に記者会見し、「東京・伊豆大島に土石流被害をもたらした台風26号の接近時と気象条件は似ている」として、広い範囲で大雨や暴風などに厳重な注意を呼びかけた。

 同庁によると、本州の南沿岸に前線が停滞しているため、台風から離れていても雨が降り、接近するにつれて台風本体の雨雲もかかる見込み。こうした状況は26号と同様で、西日本から東日本の広い範囲で雨量が多くなりそう。27号の動きは25日以降徐々に速まり、関東や伊豆諸島には26日午前に最接近する見込み。

 急に風が強まる恐れがあり、同庁は「伊豆大島などでは少ない雨でも災害が発生する恐れがある。雨や風が強まる前に早めの避難を」と話す。』

・自動車分野、なお溝 TPP交渉日米並行協議
日経『【ワシントン=矢沢俊樹】環太平洋経済連携協定(TPP)交渉と並行して日米両政府が開く自動車貿易などに関する協議が23日、ワシントンで終了した。日本側代表の森健良・経済外交担当大使は記者団に、自動車分野で厳しい対立が続いているとしたうえで、年内決着に向け「精力的に交渉していく」と調整を加速させる考えを示した。

 今回の日米協議は21~23日までの3日間。8月上旬と10月上旬までの会合に続く3回目で、日米は年内妥結を目指すTPP交渉と同時に自動車や保険など2国間の懸案を決着させることを目指している。

 米側は米通商代表部(USTR)のカトラー次席代表代行らが出席。USTRは協議終了を受け声明を発表し、特に自動車分野で「重要な課題が残っている」と強調。今回の交渉は「いくらかの進展をみた」と述べるにとどめた。

 森氏も記者団に「議論は深まっている」としながらも「自動車分野への米側の関心が特に強く、交渉で激しくぶつかり合う場面もあった」と説明。米側は日本に対し排ガス規制緩和などを求めているもようだが、日本は安全基準は見直ししないとしてなお溝が埋まっていないようだ。』

●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

【アベノミクスが変質、財政拡張を金融緩和が支える構図に】アベch.ニュース2013/10/23


人気ブログランキングへ

【アベノミクスが変質、財政拡張を金融緩和が支える構図に】アベch.ニュース2013/10/23

【ヘッドライン】

昨日に引き続き「向こう側の人達」の不満・不安を繁栄した記事です。
変質してくれれば良いのですが。。。

・アベノミクスが変質、財政拡張を金融緩和が支える構図に=元日銀理事
ロイター『東京 23日 ロイター] - 富士通総研の早川英男エグゼクティブ・フェロー(元日銀理事)は23日の記者向け勉強会で、成長戦略が後退しつつある中で、アベノミクスは「3本の矢」から財政拡張を金融緩和が支える構図に変化しているとの認識を示した。

そうした中で、日銀が国債買い入れなど追加緩和を実施すれば、マネタイゼーション懸念が高まるリスクがあると警告した。

早川氏は政府の成長戦略について、従来の内閣と比べて「異次元なものはない」とし、今臨時国会における「岩盤規制」の打破は見送られるとの見通しを示した。一方、来年4月の消費増税による景気への悪影響を軽減するため、政府が5兆円規模の経済対策を打ち出したことで、「第3の矢(成長戦略)がどんどんしぼみ、第2の矢(財政政策)が膨らんでいる」と指摘。アベノミクスの「3本の矢」は「財政拡張を金融緩和(第1の矢)が支え、構造改革をスルーするものへと変質しつつあるのではないか」と語った。』

・日銀総裁、日本経済「2%物価目標に向け徐々に前進」 参院委
日経『日銀の黒田東彦総裁は23日午前、参院予算委員会に出席し、4月に導入した量的・質的金融緩和に関して「所期の効果を着実に発揮してきている」との認識を示した。日本経済は「2%の物価安定目標に向けて徐々に前進していっている」と語った。

 量的・質的緩和導入以降の金融・資本市場の動向について「株価が上昇する一方で、長期金利は安定的に推移している」と述べた。予想物価上昇率は「全体として上昇しているとみられる」と指摘した。名目金利から予想物価上昇率を除いた実質金利の低下が「民間需要を刺激している」との考えも示した。民主党の大塚耕平氏への答弁。〔日経QUICKニュース(NQN)〕』

・内閣府、避難指針見直しへ 気象庁は市町村長に直接電話
朝日『伊豆大島(東京都大島町)の土石流被害を受け、内閣府は市町村が避難勧告や指示を出す際の判断指針を年度内に見直すことを決めた。気象庁も離島などで記録的な大雨が降った場合に、市町村長に直接電話して警戒を呼びかける仕組みを導入する方針を固めた。』

●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ


テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

【解雇規制緩和を断念 アベノミクスは公共事業を軸に】アベch.ニュース2013/10/22


人気ブログランキングへ

【解雇規制緩和を断念 アベノミクスは公共事業を軸に】アベch.ニュース2013/10/22

【ヘッドライン】

「向こう側の人達」も私達と同じ不安を抱えているようです。

・解雇規制緩和を断念 アベノミクスは公共事業を軸に【争点:アベノミクス】
HUFFPOST『安倍政権では、大規模な公共事業を復活させるとともに、ターゲティング・ポリシー型の産業政策を数多く打ち出してきた。一方で、安倍首相は構造改革を積極的に実施するとも明言しており、その目玉政策とされていたのが解雇規制の緩和であった。市場関係者の一部からは、相反する政策が混在しており、どちらの方向を向いているのか分からないという声も上がっていた。

今回、解雇規制の緩和を断念したことで、アベノミクスの方向性は、財政出動とターゲティング・ポリシーであることがはっきりした。もし法人税の実効税率軽減が実施されないことが正式決定すれば、20年の議論を経て、従来型の経済政策に完全に戻ったことになる。少なくとも、アベノミクスがどちらを向いているのか分からないという市場関係者の疑問は払拭されることになるだろう。』

32:48から平沼議員が国土強靭化に関する質問をしています。


・台風27・28号、同時に接近 暴風・高波に厳重警戒
日経『非常に強い台風27号は22日、沖縄県・南大東島の南東海上を北西に進み、大東島地方の海上は大しけとなった。23日から24日にかけて同地方に接近する見込み。気象庁は、沖縄県や鹿児島県・奄美地方では暴風や高波に厳重に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、27号はその後、進路を東寄りに変え、週末にかけて西日本や東日本に近づく恐れもある。台風26号による土石流で甚大な被害が出た伊豆大島も注意が必要だ。』

・9月の米非農業部門就労者数は14.8万人増、失業率7.2%に低下
WSJ『【ワシントン】米労働省が22日発表した9月の非農業部門就労者数(季節調整済み)は前月比で14万8000人増加した。増加数は過去12カ月の平均と市場予想をいずれも下回り、議会の予算協議での対立が深まるにつれ雇用も行き詰まった様子を浮き彫りにした。

 8月の増加数は19万3000人と、当初の16万9000人から上方修正されたが、7月の増加数は8万9000人と、同10万4000人から下方修正された。

 9月の失業率は7.2%となり、前月の7.3%から小幅に低下した。

 ダウ・ジョーンズ経済通信が実施したエコノミスト調査では、非農業部門就労者数が18万人増、失業率が横ばいの7.3%と予想されていた。』

●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

【特区諮問会議を設置へ 医療・雇用・農業の関係大臣外す】アベch.ニュース2013/10/21


人気ブログランキングへ

【特区諮問会議を設置へ 医療・雇用・農業の関係大臣外す】アベch.ニュース2013/10/21

【ヘッドライン】
国民から選ばれた国会議員である大臣を排除し、民間議員の意見を取り入れる。
これは果たして民主主義といるのでしょうか。

・特区諮問会議を設置へ 医療・雇用・農業の関係大臣外す
朝日『【清井聡】政府は20日、国家戦略特区を進めるための関連法案に、安倍晋三首相を議長とする「特区諮問会議」の設置を盛り込む方針を固めた。メンバーからは厚生労働相、農林水産相など関係分野の大臣を外す。各省庁の規制を守りがちな大臣の「抵抗」を抑え、トップダウンで規制緩和を進めるねらいだ。

 特区は、定められた地域で医療や農業などの規制を大胆に緩める。首相は「改革の突破口」として成長戦略の柱に位置づけており、菅義偉官房長官は20日の街頭演説で「来年に全国3~5カ所程度を指定する」と語った。』

・デフレ脱却は道半ば、2%の物価安定目標必要=安倍首相
ロイター『[東京 21日 ロイター] - 安倍晋三首相は21日午後の衆議院予算委員会で、デフレ脱却はまだ道半ばであり、2%の物価安定目標がデフレマインドから抜け出すには必要だとの認識を示した。

前原誠司委員(民主)の質問に答えた。

安倍首相はデフレは15年間続いたとし、デフレマインドを取り除くのはそう簡単ではないと指摘、だから(民主党の時の1%ではなく)2%の目標が必要だったと語った。

安倍首相はまた、デフレは貨幣的現象と現在でも考えるかとの古川元久委員(民主)の質問に「デフレは貨幣現象でもあるが、三本の矢があって初めてデフレマインドは払しょくできる」との見方を示した。

社会保障と税の一体改革で消費増税への道筋があったから、財政ファイナンスとみられることなく異次元緩和ができたのではないかとの質問には「デフレ脱却へ向け、どちらにしろ三本の矢はやっていた」と指摘。消費増税の判断は今の経済状況がなければできなかったし、われわれの政策によって消費増税の判断ができたと答えた。』

●FB版アベノミクスチャンネル
●アベch.ニュース


人気ブログランキングへ

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

«  | ホーム |  »

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

アベch

Author:アベch
はじめに : 「アベノミクスチャンネル」は安倍晋三氏及び日本政府、自民党とは一切関係は有りません。


「アベノミクス」とは : 安倍総理の推進する「金融緩和」+「公共投資」+「成長戦略」で構成される経済政策の通称です。

「金融緩和」+「公共投資」は1930年代の世界大恐慌の時に日米欧各国が採用したデフレ脱却のための唯一の処方箋です。アメリカでは「ニューディール政策」、イギリスでは「ケインズ政策」と言われています。

そして、デフレ脱却後の持続的成長のための「成長戦略」。この3つの柱で日本経済を立て直していくのがアベノミクスなのです。


アベノミクスチャンネルの目的 : アベノミクスは理論的には「政府がお金を借りて国民のために使う」と言う単純明快な物ですが、政治的には非常に困難が付きまといます。
その理由は公共投資により政府の債務、いわゆる「国の借金」が増えていく事に対し、国民の不安が高まり政権基盤を揺るがしてしまう事に有ります。

そこでアベノミクスチャンネンルではアベノミクスに関する情報をお届けし、特に成長のために借金をすることは少しも怖くないと言う事を理解していただくための活動を行っていきます。

「アベノミクスってなに?」「大丈夫なの?」と思っていらっしゃる方は是非アベノミクスチャンネンルをご購読ください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アベch.カウンター

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR